ワークハック

【在宅勤務が捗る‼】買ってよかった自宅リモートワーク化にオススメな7つのツール~快適に作業を行う環境づくり~

コロナウィルスによる自主隔離の中、既存の働き方では今後のビジネスに対応できないとして多くの企業が「リモートワーク」を実施しました。


緊急事態宣言後も多くのビジネスパーソンは、職場ではなく自宅での「リモートワーク」実施を希望するなどこれからの日本の働き方に大きな流れを感じさせる事態になっています。

今回の記事では、リモートワーク化にあたり何をしなければならないのかをまとめました。

1. リモートワークとは

リモートワークは、会社のオフィスではなく自宅やコワーキングスペース等で仕事をする事を言います。

2. リモートワークのメリット

リモートワークのメリットとしては以下が挙げられます。

□ 通勤時間の減少 

□ 自分で生産性を上げる工夫がとりやすい

□ 育児などの制限のある人でも働きやすい

□ 私服

【通勤時間の減少】


リモートワークは、職場に通勤する必要がないので毎朝の通勤時間がなくなり満員電車などのストレス要因の改善につながります。

【自分で生産性を上げる工夫がとりやすい】

スケジュール調整、ツールなど自分に合った工夫を行いやすく効率性を上げるパフォーマンスについて自分で色々と試せます。


また、会社の飲み会など余計な時間を取られる事がないので自分のペースで作業しやすい利点があります。

【育児などの制限のある人でも働きやすい】

育児や介護などフルワークで働きにくい人でも、それぞれのライフスタイルにあったペースで仕事をすることもでき、家事と仕事の両立が可能になります。


【私服】

個人的な話ですが、堅苦しいスーツを着る事がなくなるのでいいです。

3. リモートワークのデメリット

一方でリモートワークのデメリットを3つ挙げます。


□ 困った時の相談が大変
□ 計画性がないと却って作業効率が下がる
□ ネット環境の整備が必須

【困った時の相談が大変】

仕事を進めていく中で、判断に困る時や仕事の進め方で相談する時にチャットツールや電話で毎回確認する手間が発生します。


相手がこちらの連絡に気づかない場合はその間は作業が進まない等、作業の効率が悪くなります。

【計画性がないと却って作業効率が下がる】

職場とちがって周りには同僚や上司もいないので、休憩時間を取り過ぎたり、ダラダラ作業して仕事が進んでいないなど気が緩みやすくなります。


【ネット環境の整備が必須】

職場ではwifi等のネット環境は整備されており、特にストレスなくデータのアップデートやシェアを行う事が出来ましたが、家のネット環境によっては中々処理されないなど仕事の効率が下がる事もあります。


4. 何故、リモートワーク化に対応した方がいいのか?

リモートワークを意識して自分の部屋の構成を考えている方は、以前はフリーランスやIT業界など一部の方くらいだったでしょう。

インターネット検索や動画視聴やゲームなど趣味で使うためネット環境自体は問題はなかったのですが、リモートワークとなると扱うデータ量が飛躍的に増えてしまったことで、データ制限のあるポケットwifiもしくはデザリング機能でネット環境を構築していた人や家のデータ通信が遅い人は仕事になりませんでした。

また、自室の為に周りには誘惑する物が多く集中力の維持が困難という作業効率に悪影響を及ぼすこともあり、今後増えてくるリモートワーク化を前に準備が整っていないという状況です。

そのためストレスなく仕事を進める為には、家の中で作業する環境を整る事が急務になります。

こちらの記事では、データ量無制限なポケットWi-Fiのネット環境についてご紹介しています。)

5. オススメの7つのツール

リモートワーク化に対応する為にただPCやwebカメラ&マイクを買うだけでいいのでしょうか。

リモートワーク化に際して大きな障害が「効率が落ちる」という事です。

不十分なネット環境によるストレスや自宅がゆえに集中できないといった側面から、今回は快適に作業を行う事ができる7つのオススメツールについてご紹介します。

オススメツールを用いる事で「集中力を維持する」、「作業効率をあげる」といった効果をもたらしてストレスなく自宅での快適な仕事が可能になります。

特に、在宅勤務が初めてという方にとって意外と知られていない快適ツールについてまとめてみました。

□ Google Nest Mini

自室にいてリモートワークしているとついつい作業に没頭したり、家事などでPCやタブレット端末を見れない時にスマートスピーカーでリマインダー機能を使用すると便利です。

□ カメラシール

カメラ内臓型のPCでカバーがついていない機種の場合、作業中についついカメラの方を気にしがちで集中力を削がれてしまうのを防いでくれます。

またフリーwifiスポットでの使用やセキュリティ対策が十分でない状態で使用すると不正アクセスによりカメラから情報が筒抜けという恐ろしい話もあります。

(出典:GIGAZINE https://gigazine.net/news/20151013-blackshades-webcam-hack/

こうしたセキュリティ対策も在宅勤務では注意する必要があります。

(スマートフォンやタブレット端末などのセキュリティ対策はこちらの記事でも説明しています。)

□ ライト

ZOOMなどのweb会議上で、自分の顔の映りが悪かったり気合の入ったプレゼンをする等自分の見栄えにも気を使いたい時には必須のツールです。

また映像越しでは分かりにくい表情がはっきり見える事で体調面など、周りから気づきやすいメリットもあります。

ライト付きのwebカメラやスマートフォン用の自撮りライトを使用する等、調光機能も兼ね備えたライトが人気です。

□ スタンディングデスク

リモートワーク時では長時間に渡り座り作業になります。

腰が痛くなったり、気分を変えて仕事に取り掛かる時は、レバーで高さを調整してその時の体調にあったスタイルで行うといいですね。

□ PCスタンド

会社から支給されているPCは、ノート型パソコンがほとんどです。

ノート型パソコンは画面も小さく、ついつい前かがみの姿勢になりやすく、特に肩周りに疲れが溜まりやすくなります。

そんなときは、PCスタンドを活用し自分にあった高さで作業を行う事で集中力を維持しながら良い姿勢で作業する事が可能です。

□ タブレット端末用アーム

現在のビジネスパーソンはPC以外にもスマートフォンやタブレット端末など複数のデバイスを使用しながら仕事をしています。

リモートワーク時で資料作成などはPCでやっている最中に、チャット等がくると気が散ります。

そういった時は、タブレット端末用のアームを用いて、マルチモニターのように使用するデュアルデバイス化がおススメです。

デバイスを使い分ける事で、集中力を維持する工夫が在宅勤務では有効です。

□ 充電器

デバイスが増えてくると机の上は、コンセントやコードでぐちゃぐちゃになりやすいです。

そういった時は、机の裏に張り付けられる充電器タイプが手軽で整理しやすいです。

 

これら7つのツールは特に導入しやすく効果が高いものになります。

集中力を維持する為には、個人の努力とこうしたツールを有効活用する事が必要不可欠と言えるでしょう。

こちらの記事では、在宅勤務/リモートワークで疲れを癒すグッズを紹介しております。)

まとめ

リモートワークは多様なライフスタイルのニーズに応える新しい働き方といえます。


メリットとデメリットはそれぞれありますが、上手く付き合っていく事で私達のライフスタイルに仕事とプライベートの両立を可能にしてくれます。

その為には環境を整えてストレスなく仕事ができるように準備する事が必要になってきます。

今回の記事がご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です