ワークハック

やってられない時に一人になる。 そんな時こそ注意が必要

一人になりたいと思う理由は色々ありますが社会人で考えると一番大きな理由は仕事で心身が疲れているからです。

毎日の仕事や家事は、自分が思っている以上に疲れが溜まりがちです。特に自分は頑張っているのに、その頑張りを認めてもらえないあるいはプレッシャーの中仕事をして、心まで疲れてしまいがちです。

そんな時は仕事や家事を全て投げ出して、一人になりたいと感じてしまうものです。
それ自体は問題ありませんし、必要な事です。

しかしいくつか注意点がありますので、やっていられないと感じた時はこの記事を見て少しは心を落ち着けて頂ければと思います。

1.一人になる時の注意ポイント

□ 悲観的になりすぎない事

悲観的になりすぎないひとりになりたい時はどうしても悲観的になってしまいます。「自分は無能だ」「皆に迷惑をかけすぎてしまった」などついつい自責してしまいます。しかし、それでも自分を責めすぎないようにしましょう。


悲観的になりすぎてしまうと、自分の精神状況がますます悪い方向に行ってしまう可能性があります。大半の出来事は辛いことがあっても時間が必ず解決してくれるはずで、一行に解決しない場合はそこから逃げる事もありです。
辛いことから逃げることは決して悪いことではありません。


出来る範囲で気分転換をして、過去は過去と切り替える努力をしましょう。最悪本当にもう嫌で一刻も逃げ出したいと思うなら、前向きにそちらに舵を取る事もできますので、まずは心を落ち着かせる事。それが大事です。

□ 一人になっても、最低限の連絡はしよう

周りに迷惑をかけない元気がない時に、気にかけてくれる家族や友人、恋人もいるのではないでしょうか。多少の心配はしてもらっても良いですが、出来るだけ心配させすぎないようにした方が良いです。


急に不通になったり、音沙汰がないと周りはとても心配します。
自暴自棄になっている時は、どうにでもなれと思ってしまうこともあります。大切な人をむやみに傷つけてしまわないように注意しましょう。後から後悔することになってしまってからでは遅いのです。
余裕がなくて本当に一人になりたいときは、簡単に一人の時間が欲しいと伝える事ですれ違いをなくすことに努めましょう。

□ 自暴自棄にならないように、心身を労ろう

無茶をしすぎない心身ともに疲れてしまい、ひとりになりたい時は、現実から目を背けたくなっているため、無茶をしてしまいがちです。暴飲暴食をしてしまったり、気が荒くなっていらないトラブルを引き起こす等無茶する事は避けましょう。

ただでさえ弱っているのですから、それ以上自分が傷つくことになってしまうと、ますます回復しづらい状況になってしまいます。


まずはゆっくり心と体を休息させる事に努めましょう。

□ 孤独に慣れすぎない

ひとりになりたいという気持ちは、悪いものではありません。


しかしある程度ひとりになりたいという気持ちが解消されたら、意識して誰かと会う予定を作ることをおすすめします。一人に慣れすぎると誰かと何かをするという事が億劫になり、自分の殻に籠りがちになります。

そうなると周りと自分の間で大きな溝が出来てしまい、修復不可能になる可能性もあります。

一人になりたいときは必ずあります。そんな時にこれらのアドバイスを思い出していただけると幸いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です