ワークハック

ビジネス会話のコツ

①相手の話したい事をきちんと聞く。②相手が聞きたい事だけを話す。
この2点だけです。
無理に話を盛り上げようとする必要がありません。

特に会話の苦手な人が無理にテンションを挙げて会話をしようとすると、大抵は空回りしてしまいその経験が余計会話に苦手意識を生じさせてしまいます

そうではなくて「相手の話したい事」を始めに聞くだけです。どんな人も大抵趣味や興味のあるものは一つ位はあります。そんな話題をまずは相手に振ってみます。

すると相手は話を返してくるでしょう。そして自分の知っている事や考えを少しだけ話せば後は会話はうまく行きます。この時あまり多めに自分の話をする必要はありません。相手が勝手に話す環境をつくってあげるだけです。

あとは相槌や、少しだけ自分のコメントをしてあげるだけで相手と驚く程スムーズに会話が出来るようになります。

勿論最初からは難しいと感じるでしょう。相手が何の趣味があって、どんな事に興味を持っているか。それは相手と会話している時に常にアンテナを張って情報を仕入れる姿勢つまりきちんと相手の話を聞くという事が出来ていないといけません。仮に相手よりもその話題については自分が詳しかったとしても、しっかりと敬意をもって相手の話を聞くことです。相手の話をしっかり聞こうという意識=アンテナがないと不思議な事に人間の脳は有益な情報を逃しやすくなります。
ですので、相手の意見にしっかりと耳を傾けて相手の言っている意味をよく理解しつつ、相手が聞きたい事は何だろうと考えて発言する事が会話のコツであり本質になります。

とは言っても実践するのは急には出来ません。      

まずはしっかりと相手の話を聞く事が大切です。相手の話をしっかり聞くとは、相手が何を考え何を伝えたいのかをしっかり押さえるという事です。      

そうする事で相手の意図が分かります。

会話する際はアンテナを張って、相手のポイントを見極める事から始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です