ワークハック

フレームワーク

フレームワークという言葉はビジネスに身を置く私たちにはあまりにも馴染みがあります。


ビジネス環境の変化やデジタルシフトを背景に昔ながらの働き方が通用しなくなってきました。限られた時間の中で最大限のアウトプットをあげるつまり個々の能力が試されている時代になってきます。

そうした中では「自分で判断する」「自分で考える」事が求められます。意思決定や問題解決は複雑化している中ではフレームワークを上手く活用する事でビジネスの効率性・生産性が格段にアップします。

こうしたフレームワークを使用して考える事をフレームワーク思考といい以下の3つにおいてメリットがあります。
①分析・検証の制度が上がる②論理的に伝える事ができる③意思決定が迅速になるの3点です。

①は様々な情報を漏れる事なく整理することをフレームワークは可能にするので、分析・検証の制度が高まり問題解決や状況の把握が速やかに行えます。

②はフレームワークは無駄な情報をなくし、簡潔に必要な情報を伝えるツールです。

そうしたツールを活用する事で簡潔かつ説得力のある伝え方ができるようになります。

③はフレームワークはそもそもコンサルティングファームが企業の戦略決定に使うようになって広く知られる用意なった分析・思考のツールです。

ですから、ビジネスにおいて汎用的かつ最善策を提供してくれる公式みたいなもので意思決定の早さにおいて効率的な運用をもたらしてくれます。


フレームワークが便利なものという事は分かって頂けたかと思いますが、では数あるフレームワークをどう活用していけばいいのでしょうか?

フレームワークは大まかに3種類あると個人的には考えています。

①構造をしるフレームワーク・・・問題や課題を因数分解して全体図を把握するものです。

②フローやプロセスをしるフレームワーク・・・業務の順序などを分析するものです。

③対比するフレームワーク・・・業務の優先度を決めるフレームワーク

大抵はこの考え方でフレームワークを分類できます。

勿論この中に実際のフレームワークは数百種類あります。それらすべてを活用する事は不可能なので、まずは自分にとって最優先で必要なフレームワークを数個ピックアップしそれを何度も繰り返す事が大切です。

そうする事でフレームワークの使い方だけでなく考え方=フレームワーク思考が身に付くようになります。
別記事で何種類かフレームワークをひとつずつ解説していきあすので、是非とも確認して頂いて活用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です