ワークハック

人事担当者がよく見る大切なポイント【面接の流れを知ろう】

書類審査に合格するといよいよ企業と面接にはいります。

これまでの前準備をしっかりしていても、緊張するものは緊張しますよね。

今回の記事では、面接での流れをしっかり把握して、面接官とのコミュニケーションをしっかりとれるようにポイントをご紹介致します。


1.まずは面接の流れを押さえよう


面接の流れは今の会社を受けた時とそこまで変わる事はありません。

自己紹介→経歴紹介→転職理由→志望動機→自分が会社にどのように貢献できるか→質疑応答のフローで流れます。

企業によってどこを特に見ているかは転職サイトやエージェント等できちんと対策をとりましょう。

また面接時は当たり前ですが、ビジネスマナーも評価されるポイントになります。

例えば、「挨拶の声が小さい」または「面接官の目を見ていない」などです。

面接の雰囲気に知らない内に呑まれてしまい、ついつい委縮してしまうなんて事は珍しくありません。

自分は大丈夫と思わず、再度ビジネスマナーを確認しましょう。

2.面接時で人事担当者がよくみるポイントは?

面接の基本として説明が分かりやすいことや、過去から未来までの志向に一貫性があること、理由に具体性があることなどは、相手が理解しやすいポイントです。

そこに希望する企業であなたが働いた際の具体的なイメージや、企業が得られるものを面接官が想像できるかどうかをしっかり理解してもらえると、企業としてもよりあなたを採用するメリットを感じることができます。

その為には相手が聞きたいことを準備しておくが必要不可欠です。

転職理由や志望動機、将来像を並べたときに矛盾していないかを考え直してみましょう。

1つ1つの内容に加え、全体に1本の筋が通っていることも面接官が見る大きなポイントです。

希望する企業に対してどれだけ真剣かも、面接官にとっては気になることです。

企業規模、サービス内容等希望する企業の基本的な知識が事前に調べ、自分なりの意見や自分が貢献できることを考えておきましょう。

3.面接時の質問に備えよう

面接時に聞かれる質問は企業や面接官によって違いがあります。

面接で聞かれる内容には共通する部分もあるものです。

事前に一般的な質問を知り、「自分ならどう答えるか?」を準備しておくことであなたの魅力やスキルを正確に伝えることができるでしょう。

また台本通りの質問が来るとは限りません。

そういった質問で答えられないと、面接官からするとマイナス要素になります。

自己分析や経歴の棚卸をしっかりと行う事と自分の転職の軸をしっかり持つことで、予想外の質問に対しても狼狽えないように準備しましょう。

そうする為には何度もブラッシュアップを行い、あなたの仕事について初めて聞く相手に、内容を理解してもらう説明力が大切です。

自己紹介や経歴をどのように話すかは何度もシミュレーションをして、本番に臨みましょう。

また案外困ってしまうのが自分から企業への逆質問です。

どの企業も最後に必ずある質問です。

事前に調べて分かるレベルの内容をそこで質問する事は、企業にとってはマイナスです。

求人詳細や企業のホームページなどを見ながら、事前にいくつか質問を考えておくようにしましょう。

まとめ

面接は正に転職活動で一番大事なポイントになります。

応募書類に書かれている事を中心に、あなたが今までのキャリアでどんな経験をして、どんな実績を出したのか、考え方やスキル等様々な情報を基にあなたを評価します。

その際には、社会人としての立ち振る舞いや第一印象なども含めてあなたを見ています。

面接の雰囲気に慣れる為にはエージェントなどで疑似面接を応募するなどの対策をとる事も出来ます。

今回の記事がご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です