ワークハック

【口臭に悩む社会人必見!!】嫌な顔をされずに会話を楽しむ方法~エチケットは口元から~

人と近い距離で話すとなんだか相手の顔がこわばってしまったり、歯磨きした後なのに口の中がスッキリしないなどの経験はありませんか?


今回の記事では、口臭にまつわる話と対策についてご紹介いたします。

1.口臭とは


本人や周りの人が感じる呼気の臭いの事を言います。体調不良など生理的な原因の他に、歯周病などの生活習慣病に起因する臭いや実はさほど臭っていないの本人が強く意識している心理的な口臭があります。


2.口臭の原因


不快な口臭の大半は、口内の粘膜のカスや唾液、食物のカスなどに含まれるタンパク質が、口の中にいる細菌により分解・発酵される過程で出るガスから生じます。


口臭が一番臭うのが睡眠中です。これは、睡眠中は口呼吸や水分不足で口内が乾燥しやすくなり唾液が少なくなっているからです。唾液は主に口内の洗浄や自浄の働きがあります。この働きのお陰で、口内にいる細菌が発生しないのですが、睡眠中は上記の理由から最近が発生しやすい環境の為口臭が発生しやすいのです。

3.細菌はどこ?


細菌が口内のたんぱく質を分解する事でガスが発生し、このガスが臭いの元になる事はご説明しましたが、実際細菌ってどんなところに集まりやすいのでしょう?

・舌苔(ぜったい)
舌苔とは舌に付着した白っぽい汚れでたんぱく質や細菌の温床になっています。健康の人にも多少の舌苔はありますが、体調が悪い時や口の中が乾燥してくると舌苔は厚くなり口臭の原因になります。

・歯周病
歯周病も口臭の原因になります。歯周病によって口の中にたまったプラークと呼ばれる歯垢は大量のたんぱく質と細菌の温床になるため口臭が発生しやすくなります。


4. 口臭が気になるのは何故?

自分が口臭持ちだと気づくと誰かと話す事が苦痛になるどころか、常にガムや口臭防止グッズなどで口臭の予防を必要以上に意識してしまいます。


また周りから臭いで指摘されたり、距離を置かれる事で精神的な苦痛を伴います。
そうなると実際はほとんど気にならない口臭でも臭っていると感じて心理的なストレスになるなど生活に支障が出てしまいます。

つまり口臭が気になるとコミュニケーションをするという事にひどく抵抗を覚えてしまう事が深刻な影響を自分や相手に与えてしまうのです。

5.口臭の予防と対策


口臭を予防するためにはいくつか方法があります。

・唾液を増やす
唾液は細菌を除去し口内を清潔に保ってくれる働きがあります。この唾液の量を増やす事で常に口内に清潔な環境を整えてくれます。
唾液を増やす為にはよく噛んで食事をする事と睡眠を十分にとることが大切です。

・胃腸の調子を整える
口臭の主な原因となる舌苔は、胃腸の病気などがあると増加します。暴飲その為暴食は控え、毎日3食規則正しく食べるなど胃腸によい生活を心がけましょう。またストレスも舌苔が増える要因になりますので、ストレス対処も有効な手になります。

また、口内環境を整える為には歯磨きをしっかりする事が大切です。歯と歯の間に歯ブラシの毛先が入るように当ててしっかり磨く事。

その際は「なた豆のちから」など効果の高い歯磨き粉を使い、歯磨きの効果を上げる事も有効です。



「なたまめ」には「カナバニン」と呼ばれるアミノ酸が含まれており、口臭の予防に効果があると言われています。

「なた豆の力」にはその他に柿から抽出した成分カキタニンによる口内のリフレッシュ効果、くまざさによる口内の雑菌繁殖防止など非常に多くの効能が人気です。

口臭で悩んでいる方にまず手に取って頂きたいほどコストパフォーマンスに優れた歯磨き粉です。

まとめ

私自身も社会人エチケットの為に歯磨き粉は色々と試しましたが、「なた豆のちから」の使用後は口内がクリーンで爽やかな感じが長時間続くため、長期のミーティングや交渉等で人と話す際に口臭を必要以上に意識せずに済む事が出来ています。

口臭が気になる方は是非ともご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です