ワークハック

始めての転職活動で何をすればいいの?転職活動を成功させる最初の一歩

前回の記事では転職活動を始めるにあたり、必要な前準備についてお話しました。

自分のキャリアや適性を棚卸しすることで、転職活動を開始するにあたり「自分は今まで何を経験してきたのだろうか」、「次の転職先ではこんな事をしたい」等を客観的に見る事が出来ました。

でも実際に転職活動を始めると何をしていいか分からなくなる事があります。

今回は、前準備が終わった後に始める具体的な転職活動の流れについてご説明いたします。

1.情報収集を始めよう


前回では自己分析をした際にどういう経験を活かしたいか、また将来どういうキャリアになっていたいか等自分なりの転職の目的を確認しました。

まずは最初から決まった職務等で探すのではなく、自分の求める希望に沿った案件を見つけて求人を確認してみましょう。

その中で自分の活かしたいスキルや転職の目的を条件付けていく事で後々の求人が絞りやすくなります。

また、転職サイトやエージェントを活用するのもいいでしょう。

特にエージェント経由ですと一般的に開放されている求人以外にも非公開の求人を多く紹介してくれます。

ただ色々と紹介されるので、吟味する事が疎かになりがちなので注意が必要です。

個人的には最初は応募せず情報収集のスタンスなど希望をエージェントに伝えるなど自分で立てたスケジュールに沿って進めていく事をお勧めします。

2. 業界動向を知ろう


求人情報を探す上で無視できないのが、希望する業界の動向です。

現在マーケットは目まぐるしく変化していて、社会情勢や新技術など多くの要因に影響されているからです。

中には今後業界自体がなくなる可能性が高い業界もあります。

ですから、ただ闇雲に探すのではなくその業界がどういう状況であるのか確認が必須です。

希望する業界が人材を多く求めている背景には斜陽業界の為、人材不足が蔓延化しているなど思わぬ落とし穴が待ち受けているかも知れません。

また業界によっては求める人材像が異なるのでそういった傾向を調べる事で、自分のスキルを発揮できる可能性も高くなります。

求人だけをみるのではなく関係する業界を知る事も転職で失敗しない大きな要因になります。

3.業界の求めている人材を知ろう

ある業界で求めているスキルのある人材は多くの同業他社でも市場価値が高い事が多いです。

これもひとつの傾向として大きな指標になります。

転職時期に余裕がある転職者は、先に希望する業界の求める人材像を把握し現在の職場でレベルアップする事を目標にするといいでしょう。

希望する以外の業界でも自分のスキルが重宝される場合もありますので、本当にその業界を志望するなら転職活動を始める前から情報収集を行うのも手です。

4. 情報の精査をしよう

ある程度希望する求人の情報が集まった時は、今一度転職の理由と照らし合わせてズレていないか確認します。

その求人情報に希望優先度を上からつけていきましょう。

優先度のつけ方としては、自分のスキルを活かせるか、福利厚生は満足いくか、成長市場であるか等自分がゆずれない要素を満たしている順から決めるのも手です。

ここでの注意点としては、希望する条件が全て当てはまった企業があったとしても実際の内情とズレがあるかも知れません。

内情について実際に働いている社員のコメントなどがみれる転職サイトもありますし、転職エージェントによってはある企業専属といったより詳しい雰囲気等を聞けることもあります。

それらの情報は主観的ですので必ずしも正しいというわけではありませんが、情報のひとつとして企業の内情についても情報を入手する事も忘れずに判断材料の項目に入れましょう。

まとめ

転職活動を開始した際に、必ず見るのが求人情報になります。

多くの求人情報があふれる中で、自分の希望する転職先を探す為には正しい情報を手に入れる事が必須です。

その際には、自分のキャリアや適性を正しく把握していないといけません。

前準備を正しく行っていれば、情報収集する際の苦労はそこまでありません。

「あれ?これって自分の希望とあっていたかな?」と曖昧な判断もなくなり、自分の希望とマッチしやすい情報を手に入れやすくなります。

今回の記事がご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です