ワークハック

弱り目は祟り目? 疲れた目をケアしよう。

パソコンの画面を一日中眺めていると目がショボショボするしてきますよね。

おまけに視力も昔に比べて下がってきて眼鏡を買うレベルになった方もいらっしゃるでしょう。今回は目のケアについて説明していきます。

仕事で来る日も来る日もパソコンの画面に食いつく日々。本当にお疲れ様です。私も社会人として日々パソコンの画面とにらめっこしていますが、目が疲れて画面を直視できなくなったりしてとてもしんどい思いをしています。

そこで「目を開きたくない!!」と思う程疲れている目を和らげる簡単な方法があるのでお伝えします。

これは広く一般的な方法ですが、目が疲れたと感じたときは、まず目を休めることです。遠くを見たり近くを見たり、キョロキョロすることで目の筋肉の緊張をほぐします。

また、冷やすより温めたほうがよいといわれています。

30分~1時間のパソコン作業の後、10分間蒸しタオルで目を温めると、目の調節機能が回復するという報告もあるので、疲れた時はまず目を休める事が重要になります。

そもそも目が疲れるのはなぜ?

目が疲れるのは第一に目の疲れという事は皆さんよくご存知だと思います。長時間細かい作業やパソコンなどを使用すると目の細胞や筋肉を酷使しすぎているのです。


特に長時間パソコン作業をすることはVDTストレスを誘発しやすいのです。

VDTとはVisual Display Terminalの略で目の酷使のほか、画面を凝視するため、まばたきの回数が減り、目が乾いた状態となりやすく、さらに目が疲れやすくなります。また同じ姿勢でいる為、腰や肩に負担が積み重なり頸肩腕症候群などの痛みが慢性的に発生しやすくなります。

疲れ目の仕組み


ものを見るときに、カメラのレンズに似た働きをする水晶体を調節しながら、ピントを合わせています。この水晶体を調節するの毛様体筋という筋が、水晶体を引っ張ったり緩めたりしています。

長時間のパソコン作業のように近くのモノをじっと見るような場合には、毛様体筋はずっと緊張していることになり、結果的に筋肉疲労を起こしてしまうのです。


また、正常な目の表面は涙に覆われてるのですが、目が乾いていると涙が少ないために表面がでこぼこし始めます。

すると、通常であればピントが合っている状態でもぼやけてしまいます。脳はこの状態の時になんとかピントを合わせようと無理に筋肉を動かして調節するので、通常よりも調節機能を酷使することになり、疲れが生じやすくなります。


さらに長時間の作業で休憩をとらなかったり睡眠不足だったりすると、目を構成している細胞に必要な栄養や酸素が不足しがちになります。結果として細胞の代謝が低下し、疲労を回復しづらくなるという悪循環に陥ってしまいます。

疲れ目を放置していると画面を見るのがしんどいだけでなく、肩こりや腰痛の他に上手く作業がいかないなど精神的なストレスがあがります。

「あちこち凝っていてしんどいな」「ドライアイになってしまった」「なんだかイライラする」
こういった状態では仕事だけでなくせっかくのプライベートでも十分に休むことが出来ません。


それを防ぐためには、まず目を休息させます。自然の景色をみてPCやスマホの画面を長時間見ないという事がとても大事です。

また、ずっと目を使っているとその機能を維持するために必要な栄養や酸素を使用している為に補充しなければなりません。

目にいいとされる栄養素はアントシアニンやルテイン、ビタミンABCなどがあります。それぞれの栄養素を効率よくとるのは大分難しいのでサプリメントなどを使用するのが簡単でしょう。

ファンケルの「えんきん」は手軽に目に必要な栄養素を摂取できます。



またお試し期間がと2週間と設定されているので、どんなものか簡単に試してみる事もできます。

個人的な感想ですが、私自身このサプリメントを摂取してから目のショボショボが少なくなっています。


この記事がお役に立てれれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です