ワークハック

意外と見落としがち?良い転職のタイミングとは

思い立ったが吉日とはよく言いますが、転職においては即座に行動するかどうか事は見極めが必要不可欠です。

無論あまりにもブラック企業でこのままいる事は出来ないなど切羽詰まった場合は除きますが、転職スケジュールを調整する事は後々自分にもメリットが出てくる場合があります。

今回の記事では、転職する際に忘れがちな転職タイミングについてご紹介致します。

1.ボーナス支給月を見る

企業に所属していますと基本的に夏と冬にボーナスが支給されます。

内定を貰い、次の企業に入社した月がこれに該当すると残念ながら支給されない若しくは寸志レベルのボーナスしか頂けません。

ボーナスとは所属する企業が業績によって個人の評価をベースに還元するもので、入社したばかりの社員はそれらの業績に貢献していないと判断されます。

またあくまで試用期間ということで別途調整がはいってしますので、周りがボーナスを受け取っても自分だけ受け取れない羽目になりかねません。

それならば、前の職場でボーナス月を最終月に設定して転職スケジュールを組む事をオススメします。

仮に有給休暇が余っているのならば、有給を全て使い最終月は一切来ないとしてもボーナスは振り込まれます。

ただ気を付けて頂きたいのは、企業によっては他の従業員と同じ計算でボーナスを支給しない事があります

ボーナスは今までの実績と未来への貢献を加味して決定されます。

転職する場合はこの未来への頑張りがないので、その分ボーナスが減らされる可能性があります。

しかし、あまりにも減額が大きい場合は総務部などに相談してみましょう。

2.転職時の情勢を見る

転職市場の旬転職市場に旬はあります。

よく売り手市場や買い手市場などの言葉がニュース等で飛び交っているのを聞きますよね。

また、希望する業種によっては世界情勢や経済の流れにより人員の確保や投資の増減に大きく関与します。

その為自分の志望する市場の動向と転職市場の波をよく見ておく必要があります。

まだそこまで転職する時期でないと判断したのならば、次の旬に備えて資格の習得やスキルの向上等を積むことでより自分の市場価値を高める事ができます。


勿論、自分の希望する条件と企業があれば即座に応募できるようアンテナを張る事も大事です。

3.社会人経験年数を見る

社会人経験3年未満での転職は、一般的に「第二新卒」と呼ばれ専門的なスキルが要求されないこともあります。

しかし、入社後半年など新卒で入社してから転職までの期間があまりに早すぎると「我慢強さに欠けるのではないか」「入社してもすぐに辞めてしまうのではにあか」などのマイナスイメージを持たれてしまう可能性があります。

受け取り方は採用を行う会社や面接官によるので一概には言えませんが、1社目を3年に近いタイミングまで勤めることができれば、上記のような懸念を持たれずに転職活動を進めることができるのではないでしょうか。

ある程度社会人経験を積むと、「新しいことにチャレンジしてみたい」「今の職場が合わないと感じた」など自分の方向性が見えてきます。

そのため、25歳~29歳で転職をする方は、転職人口全体で見てもかなり多いです。

しかし、自分の市場価値を高くしたいのであれば、何か1つでもいいので現職で実績を出してからの方が採用面接で有利に働きます。

特に同業他社へ転職する場合や、異業種でも同じ職種の場合であれば、現職の実績で入社後の活躍をある程度期待してもらえるので、強力なアピールポイントになります。

まとめ

転職のタイミングは必ずこの時期だというものはありません。

すぐに目当ての求人を発見できる場合もあれば、中々巡り合わないなど人それぞれです。

ただし、いざ自分にとってベストなタイミングで転職を始める為にはまずきちんと事前準備をしっかりしておき足りないスキルや経験などを身に着けるようにしましょう。

今回の記事がご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です