ワークハック

栄養満点で健康維持が簡単しかも調理も楽ちん??独身から共働き世帯の全ての社会人の味方「食卓便」のススメ

仕事も繁忙期で家に帰ると疲れ果てて何もしたくない時がありますよね。


家事をしようにも、1日中働いて「もうこれ以上は動きたくない。」と思っていて中々エンジンをかける事が出来ない事は多々あります。


最悪、家事は週末などまとまった時にやればいいとしても、お腹が空くので夕食は食べないといけないですね。

調理する気力もないし、洗い物などの家事も面倒という事で外食やコンビニ弁当などで済ましてしまいます。


ただ、外食やコンビニ弁当にずっと頼っていると栄養バランスが偏って肥満になりやすい事があります。

何とかして、簡単に調理出来て、栄養バランスも良く、健康維持の出来る方法はないのか調べてみますと食事宅配サービス「食卓便」が独身から共働き世帯まで幅広く利用されているという話がここ最近話題になっているようです。



実際に「食卓便」のサービスについて体験しましたので、今回の記事でご紹介します。

1.食事宅配サービス「食卓便」って何?

「食卓便」というのは、美味しくてヘルシーなオカズを自宅まで配送してくれる「食事宅配サービス」の事です。

全国の管理栄養士、栄養士の監修のもと栄養バランスと豊富なバリエーションのオカズメニューを提供してくれます。


自宅に届く「食卓便」は7食セットで「冷凍」のおかずになります。

「冷凍」といっても栄養バランスがくずれないよう構成されており、1品の主菜と20種類の食品をつかった5つのおかずで構成されています。

「冷凍」であるため、必要のない時は冷凍庫に保存が可能で、毎日届く宅配弁当などその日の内に食べなければならないという事はありません。

その為、急に仕事が忙しくて買い物に行けなかったり体調を崩して寝込んでいる時など困った時に栄養バランスがしっかり摂る事が可能です。

何より「冷凍」なので、電子レンジでチンするだけというのが疲れて何もしたくない時には非常に助かります。

「おまかせコース」, 質を抑えた「低糖質コース」, 塩分やカロリーに配慮した「ケアシリーズ」など豊富なメニューがあります。

価格帯も1セット7食分で3,920円~4,340円と一食当たり560円~620円と外食費に比べて低価格になります。

私自身よく夕食にしているコンビニ弁当と同じ価格帯という点や、同じ価格でも栄養バランスと冷蔵可能な「食卓便」とどっちが美味しいか確かめてみたいと思い実際に使ってみました。

2.「食卓便」を実際に使ってみた感想


「食卓便」では「都度購入」と「らくらく定期便」の2種類から選べ、今回は「都度購入」で使ってみました。

「都度購入」では会員登録せずに注文をすることも可能で、用途にあったコースセットから選択します。

*「らくらく定期便」を使用する際には「会員登録」が必要です。


今回は1セット7食の「ケアシリーズ」からカロリーケア1600を購入しました。

購入はクレジットカード払いや口座振込、代金引換から選択可能です。

このカロリーケア1600は1食あたりのカロリーが約530Kcalで構成されているコースになります。


コロナウィルスによる外出自粛の為、家にずっといたせいかお腹周りのぜい肉が気になり始めボディケアの為に選びました。


商品を登録して最短4~7日で発送され、トレイの形で手元に届きました。

実際に夕食で電子レンジでチンして食べてみると、味付けは程よく、冷凍で固くなっていたはずの煮物なども柔らかく頂く事ができました。

食事の量としても多すぎず、ちょうど良いボリュームであった為、夕食後の間食などもありませんでした。

7食は毎回違う内容になるので、飽きずに7日間続ける事が可能でした。また電子レンジでチンだけなので、洗い物などの家事も一切する事なかったのも良かったです。


カロリー計算も楽だったので1週間で約2kg減らす事も出来ました。

3.「食卓便」はこんな人にオススメ

□ 食事の準備をする時間がない忙しい社会人や共働き世帯

□ 健康診断前で体調が気になる人

□ ダイエットや健康維持を目的とする人

勿論、自炊が面倒な時などにも簡単に調理できるのでオススメです。

4.「食卓便」はこんな人にはオススメできない

□ アレルギー対応がされていないので、食品アレルギーがある人には向かない


□ 国産品以外の食材もつかっているので、国産品のみという人には向かない

「食卓便」を使用するにあたり、特に上の2点に関しては注意が必要です。

特に食品アレルギーがある方は、オススメできません。

(*アレルギー成分はHP上に記載されています。)

5. 興味のある方はこちらから

「食卓便」は忙しい時や健康維持の時に手間暇かけることなく調理が可能という社会人にとって強い味方になります。


帰宅後に調理時間をとられたくない方にとっては時短術にもなりますし、栄養バランスやカロリー計算も楽なので日々の健康維持にも役に立ってくれます。

会員登録をして利用を続けるとポイントがためる事で”伊勢エビ”や”上州牛”などと交換できる特典もあります。

興味のある方はこちらのリンクから「食卓便」のホームページに行けますので、一度試してみてはいかがでしょうか。



まとめ

日々忙しい中で、食事を作るという事は中々の重労働です。

しかし、外食やコンビニ弁当にだけ頼ると費用がかさむどころか健康にも影響が出てきてしまいます。

そうなると仕事のパフォーマンスだけでなく日々の生活にも制限が掛かるのでは本末転倒です。

時間がある時は料理を楽しみ、本当に料理する余裕のない時には「食卓便」などの便利なサービスを使うなど状況に応じてライフスタイルをハックしてみるのはいかがでしょうか。

今回の記事がご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です