ワークハック

猫背が長時間座り作業を苦しめる?正しい座り方とは

悩めるメールの前につい前のめりでにらめっこしていませんか?画面と悪戦苦闘する気持ちとても分かりますが、この状態が習慣化すると猫背になってしまいます。


猫背とはよく聞くけど、何が問題なの?と疑問に思われる方に猫背についてまとめましたので是非ともご参考にしてください。

1.猫背とは


肩や背中が丸まった状態の事を言います。


2.猫背は何故悪いか


骨が筋肉をそれだけの時間刺激し続ける為に無駄なエネルギーを消費することになり、腰回りの筋肉は疲労してしまいます。これが習慣化していると筋肉が弱り、腰痛を引き起こす原因となります。

また、猫背は背骨が丸まっているのでこの状態をとり続けることは、背骨を通っている自律神経を圧迫しやすく、神経性の腰痛になるリスクも高まります。

普段肩こりや腰痛に苦しんでいる人は普段の姿勢から思い当たるかもしれません。

まずは下のセルフチェックしてみて下さい。

□ 壁に背中を合わせると肩が壁につかない

□ 立っている姿勢で首が前に出ている

□ 肩こりがある

□ 深呼吸がしづらい

□ 立っている姿勢で手のひらが内側または後ろ方向に向く

このうち一つでも当てはまれば猫背の可能性が大です。

肩や背中が丸まった姿勢でPCやスマホを使っていると段々と習慣化してしまい身体のバランスが崩れてきます。

PC作業やスマホを見る時、肩甲骨が前に引っ張られ前かがみな状態になったり、首を前に傾ける姿勢になります。またこの状態はストレートネックの原因にもなります。



またデスクワーク作業をしているうちに、だんだん骨盤が傾いてその状態のまま筋肉が固まりやすくなります。これが腰痛の原因にもなります。

骨盤が後ろに傾く姿勢は、首や肩甲骨が前にでてしまい猫背の原因になりやすいので注意して下さい。


他にも足をよく組むと骨盤が傾きガニ股にもつながりますので、注意が必要です。

3.猫背の治し方


一番いいのは整体などプロの施術を受ける事です。(当り前ですね。)

しかし、中々時間もとれない方もいらっしゃるので、

ここでは一人で簡単にできる猫背の治し方を何点かご紹介します。

□ つま先立ちをしながら、親指の付け根付近に重心をのせる。

この状態から更に小指を浮かせ3分間キープします。(違和感あればすぐ止めて下さい。)

□ スマホを見る時は肩甲骨を後ろに引き寄せて胸を開くイメージで見る。

あとは、普段の椅子の座り方で矯正する用具もありますので、試すなど日ごろから正しい姿勢を心掛けるようにする事が大切です。


ただ、意識して良い姿勢をとる事は中々難しい事です。

そういった場合は、自然に正しい姿勢にしてくれるクッションなどの補助用品を使うといいでしょう。

ビーズクッションのパイオニアの株式会社MOGUは、独自開発のパウダービーズ(R)を用いて実に1000万個以上の大ヒット商品を多く揃えています

安眠用のビーズ枕や座ってくつろぐビーズクッション以外にも良い姿勢を自然にフィットしてくれる”座って瞬間美姿勢フィット”など様々な用途にあったクッションを提供しています。



在宅ワークや長時間の座り作業で特に辛い方などは、自分の用途にあったクッションを見つけると今まで我慢して椅子に座っていたことが嘘のようになくなる事もあります。

まとめ

普段何気なく座って作業していると、気づけば猫背になったり骨盤のゆがみになって体の不調につながる事があります。

そうならない為には良い姿勢を維持する座り方を意識したりや難しい場合は補助用品を上手く活用する事で、日々の疲れを減らし健康な状態を維持する事が出来ます。

今回の記事がご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です