ワークハック

自分で動くという言葉に隠された意味とは?

よく上司や先輩社員から「自分で動いてみろ」という言葉を耳にする事があります。
この「自分で動く」という言葉が中々曲者です。
何をしていいか分からないというのもそうですが、自分で動いた後に「勝手なことをするな」と謂れのない叱責をうける事もあります。

「自分で動けって指示したじゃないか」っと理不尽に思う方もいらっしゃるでしょう。ですが、「自分で動く」と「勝手に自分で動く」は全く別物です。

その基礎基本になるのが「報連相」です。報とは報告、連とは連絡、相は相談の意味はご存じの通りです。
実は勝手に自分で動く人はこの「報連相」が出来ていない事が非常に多いです。

自分の判断で物事を進めていく事をついつい想像しがちですが、仕事は自分一人で解決する事はありません。必ず周りと連携していかなれけばなりません。例えば、契約するにしても上司の判断が必要不可欠です。価格は適正か。契約上違法になるものはないか。生産は間に合うのか製造部署に確認をとるかなどです。


その為自分で動くという事は、まず自分自身の権限を正しく理解する事が必要不可欠です。

どこまで自分の判断で動かせて、どこからが動かせないのか理解していないと勝手に経営に関わる判断や重大問題につながりかねない事態を引き起こす危険があります。これは上司や周りから見ると非常に怖い=安心感をもてない人として認識されかねません。
また中には保守的な人がそういった行為に反感を覚え、もめる原因にもなりかねません。

そうならない為に事前に根回しや配慮を別で行う必要があります。例えルール を 守っ て い ても 反感 を 持た れる ケース は 多いので、保守的 な 人物 に対する 感情 面 のケアが大切です。

まとめると、自分の権限を正しく理解して、周りに配慮した立ち振る舞いのもと動く事が「自分で動く」という意味なのです。
一番困る事は自分で勝手に動いた時に何か問題があった時誰もサポートできませんし、それが違法性のあるものなら下手したら個人の責任になる可能性もあります。

その為、必ず何か案件を動かす時は自分以外の上司や関連する人達に「報連相」を徹底する必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です