ワークハック

転職で人事担当者がみるポイント!!応募書類を書く為のアイデアとは

企業の人事担当者はあなただけではなく、他にも多くの応募者に対応します。

その為、なかなか一人一人の応募内容についてじっくりと読み込むことが出来ません

自分自身のスキルや経験をポイントよく押さえあなたの魅力を正確に伝える必要があります。

そうしなければせっかく良い経歴やスキルがあったとしても書類で落とされる可能性が高くなってしまいます。

今回の記事では転職活動で必要不可欠な履歴書と職務経歴書を書く際のアイデアについてご紹介致します。


1.必ず押さえるポイント

応募書類では特に自己PRや志望動機の欄が一番重要です。

これは学生時代の就職活動と同じです。

ただ転職活動では学生時代と違い、過去自分が行ってきた仕事を通していかにスキルを発揮して会社に貢献したかをアピールする場です。


こうしたアピールポイントはすぐには出てきません。

まずは一度印象に残った仕事のエピソードを何個か書き出してみて、何が一番苦労して、どういうプロセスを行ったか、またそれは何故かといったことを整理する必要があります

こうしたエピソードの背景をしっかりと準備する事で、志望動機につながる転職の理由や自分の実績の話題のネタを確実に理解して面接に挑むことができます。

また苦労したエピソードはあなたが困難に際してどういう判断基準を持っているか企業側が特によく聞くポイントでもあります。

時間をかけていいのでここはしっかりと掘り下げましょう。

2.応募書類を作成する時のアイデア

ここまでである程度自分の仕事の棚卸しが出来ている段階で、希望する企業へ応募書類を送る段階になります。

応募書類は履歴書の他に職務経歴書というものが社会人の転職では必須書類になります。


この職務履歴書は、文字通り今までの社会人生活で自分がしてきた証拠になります。

あなたのスキルや実績がすべて載っているものなので、先ほどの自己PRや志望動機をしっかりと準備していれば自己分析と併せて他の応募者との差別化を図る事ができます。

これらの書類はPCと手書きのどちらかで作成する必要があります。

ただ指定がない場合は基本的に手書きが圧倒的に多いので、面倒で時間が掛かりますが指定がなくて困ったときは手書きで用意しましょう。

またよく転職活動でこの2点の書類を使いまわしている転職者もいますが、企業によって求める人物像は同じではありません

情報収集の際に入手した会社情報からあなたが魅力的にみえる構成や要素を各企業毎にしっかりと洗い出す事が大事です。


作成した応募書類が良い物か不安な方は転職サイトの担当者に添削や校正依頼をして、プロの目から率直な助言を頂く事も良いでしょう。

□ 実際に書類を提出する


作成した応募書類を実際に企業に応募します。

応募した後はきちんとスケジュールを把握し、面接の対策や別の企業への応募を進めていきましょう。

転職エージェントをつかっている方は、こうしたスケジュール調整・交渉を企業側と間に入って取り持っていただけるので楽です。

ですが転職活動はあくまでも自分自身の目的の為に行うものなので、きちんとスケジュールを把握し、有給休暇の取得タイミングや交通費などの必要経費等の確認を行うようにして下さいね。

まとめ

転職活動にあたり、人事担当者がまず最初にあなたを知る大事なもの。

それが応募書類です。

あなたが今までどういったキャリアを積んできたか、どんな人間なのかを正しく伝える事で企業側も「こんな人に会ってみたい」と思わせる事が大事です。

その応募書類を準備するにあたり自分の棚卸しが不十分だと、中々準備も捗らずに転職する理由などがブレブレになりやすいです。

転職活動は準備と積み重ねが大事ですので、面倒くさがらずに準備しましょう。

今回の記事がご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です