ワークハック

退職代行って怪しい‼失敗しないと評判の「退職代行ガーディアン」から学ぶ3つの退職代行業者の安全な見分け方

【退職】は基本的に自ら会社の上長や総務に連絡して所定の手続きを進めていきます。

しかし、昨今は20代を中心にこの【退職】を代行する企業が増えています。

「パワハラの職場で自分から言い出せない」「何をしていいか基準が分からない」等、周りのサポートがないばかりか退職の意思を示す事で職場から受ける不利益を恐れて中々言い出せないなどの辛い立場にいる人にとって転職代行サービスは正に”救世主”に見えるからです。

しかし、この退職代行サービスを使用する事で、思わぬトラブルを抱えたり高い費用を払ったのに失敗した話をよく聞きます。


誰にも頼れないからこそ退職代行サービスを頼ったのに、これでは救われません。

今回の記事では、「業界No.1の退職代行ガーディアン」を例に転職代行の背景についてご紹介致します。

特に「転職代行サービスを使いたいけど怖くて使えない」人や「転職代行サービスで失敗したくない」人に向けての記事になります。



1.退職代行とは

退職代行とは、「労働者が会社を退職する時に、労働者に代わり会社に退職の意向を伝える」サービスになります。

この退職代行サービスは比較的新しいサービスで、ここ数年以内にニーズが出てきた業界になります。

退職自体は、

民法第627条「 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。」

で定められている通り、理論的には退職の2週間前に申請する事で退職は可能です。(但し、正社員など期限の定めのない労働者の場合なので注意して下さい。)

つまり有給休暇が2週間以上あれば、退職届をだした後有給休暇を使う事で、一切会社にいかずに退職する事も可能です。


しかし、このような方法はトラブルの原因になりやすいです。

労働者が退職する事で人材の補充と労働者が行っていた業務を引継ぐ期間を設けたいと会社側が考えているからです。

また仮に引継ぎや人材補充の期間が全く設けられる事なく労働者が退職した事で損害が発生した場合、余りないのですが損害賠償を請求される事もあります。

但し、注意して頂きたいのは、「退職代行サービス」を使って退職したという理由だけで損害賠償請求がされるという事にはなりません

会社から損害賠償を請求されるのは、退職にあたって労働者側に注意義務違反があり、この違反により会社に具体的損害が生じている場合に限られます。

2.なぜ退職代行が流行っているのか?

では何故、この退職代行サービスがここまで流行るようになったのでしょうか。

よく上げられる理由としては

□ 上長に退職の意思を示しても何度も引き留められる

□ 「辞めたら、損害賠償を請求する」などの脅しを受ける

の2点が多いです。

特に脅しや脅迫といったパワハラにより退職手続きが困難な場合は弁護士や「退職代行サービス」を使って退職する意思をだす為、ここ最近は特に数年以内の比較的経験の浅い社会人に広まっています

3. 退職代行のメリットとは

退職代行サービスを利用する事で、自分で退職の意思を会社に伝える時と比較して何のメリットがあるのでしょうか。

□ 精神的ボーダーが下がる

退職の意思をどうしても会社に伝えられない人は、間に第三者が経つ事で退職する意思を伝えやすくなります。


また第三者なので、退職する理由も本音が出やすく退職原因となる会社の問題なども出やすいメリットがあります。

□ 脅しや脅迫等で退職出来なかった状況を打開できる

高圧的な上長から脅し文句で退職を認めないような発言を受け続けていたり、退職の連絡をしても一向に処理が進んでいない場合退職代行サービスという第三者から改めて退職意向を連絡する事で上場を打開しやすくなります。

□ 即日対応が可能

業者により即日対応可能で次の転職先が決まっているのに退職が困難などの場合に対応が可能です。

一貫して「退職代行サービス」を使うメリットとして、「退職がスムーズに出来ない」といった悩みに対して労働者と会社の間に立ち、労働者の意思を代わりに伝えてくれるのでスムーズに退職の意思が通じやすい点になります。

4. 退職代行のデメリットとは

一方で、退職代行にもデメリットは存在します。

□ 退職するのに費用が発生する

労働者が会社に伝える事で退職出来るのは先ほどでも述べました。

つまり本来は退職で費用は発生しないのに「退職代行サービス」を使う事で、業界平均3万円~5万円前後の費用が発生してしまいます。


「面倒だから」という理由だけで退職代行サービスを使う事はいらない費用を発生するばかりか、退職する時に引継ぎ等で問題になりやすいので注意が必要です。

□ 悪徳業者が一定数いる

ここでいう悪徳業者とは労働法や弁護士法などを正しく理解しておらず、本来は弁護士法資格者のみが可能な【示談交渉】や【法律相談】など法律事務を勝手に行っている業者の事です。

「退職代行サービス」はあくまでも「労働者の代わりに退職の意思を伝える」サービスで、労働者の代わりに有給取得や退職金の金額について調整する事は法律違反になります。


また「退職代行サービス」自体が権限の逸脱をしているという話もあり、有名な「退職代行サービス」業者では顧問弁護士の指導のもとに業務を遂行して法律違反が発生しないように対応を取っているところもあります。

ここは、「退職代行サービス」を使った時にトラブルになりやすいので注意が必要です。

□ 協議を持ちかけられる事もある

会社によっては、「もう少し働いてくれないか」等労働者側と協議を行う時があります。

しかし先ほど述べた通り、【示談交渉】は「退職代行サービス」が応じる事は明確な法律違反になりますので、注意が必要です。

□ 損害賠償を請求される可能性は限りなく低いがある
あまりにも非常識な辞め方をすると損害賠償を請求される可能性はあり得ます。

5.業界No.1の退職代行ガーディアンの強み

こうしてみると「退職代行サービス」は本当に困った時に使っていいのか分からなくなってきます。

本来であれば、退職代行は「弁護士」の職務の一つになります。

しかし、弁護士へ依頼すると高い費用が発生するなど気楽に依頼するには気が引けてしまいます。

パワハラなど退職がスムーズに出来ない場合は、泣き寝入りするしかないのでしょうか?

□ 唯一の転職代行サービス?業界No.1 退職代行ガーディアン

転職代行サービスは基本的に「労働者の代わりに退職の意思を伝える」サービスです。会社との間で「交渉」は一切できません。


しかし「退職代行ガーディアン」はこの「交渉」まで対応しているとのこと。


一見「悪徳業者」かと思いましたが、そうではなく寧ろ”唯一”頼れるといっていい【転職代行サービス】になります。


□ 退職代行ガーディアンの強み

「退職代行ガーディアン」は東京都労働組合委員会の認証を得た法適合の法人格をもつ”合同労働組合”です。

一般的な転職代行サービスは「一般法人」か法資格をもつ「弁護士」の2択になります。

しかし「退職代行ガーディアン」は”労働組合”という点が他にはない特色です。ここでそれぞれのタイプを整理してみましょう。


【転職代行のタイプ】

(筆者作成)

【退職代行ガーディアン】は費用、確実性、手続き難度の観点から、特に若手社会人にオススメの転職代行になります。


特に、労働組合の為、労働組合法6条に基づいた労働者の代理交渉権を有していますので、退職時にネックだった【交渉】が可能な点です。


費用は一括29,800円で追加費用なしで、利用可能です。

また東京都労働組合委員会の認証済みで違法性もなく、弁護士以外では唯一といってもいい「転職代行サービス」になります

今、「退職する意思を伝えても上手く行っていない」方や「脅しや脅迫で身の危険を感じ転職する意思を伝えられない」方などは下記のリンクから【転職代行ガーディアン】に依頼する事で、苦しい状況から打破する事が出来ます

お悩みの方は下記リンクより公式のホームページにアクセスして一度相談してみてはいかがでしょうか。

一人で悩むよりきっと良いアドバイスを頂けるでしょう。



また費用や手続き難度を気にされない方は弁護士に依頼する事も勿論おススメです。

まとめ

退職は本来自分で意思表明行うべきです。

しかし退職する意思を表明できない問題があり、一人では解決できない場合は弁護士や「転職代行サービス」に頼る事は決して悪い事ではありません

しかし、転職代行サービスには様々な落とし穴があります。

それを理解していないと思わぬリスクを背負い普通に退職するより面倒な事態に陥りがちになります。

そうならない為には、しっかりした知識を持ち安心できる業者を見極める事が重要です。

今回の記事がご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です