ワークハック

飛行機の乗り方

今回は国内出張での飛行機の乗り方についてご説明いたします。

飛行機に乗る際に、最初にやるべきことは航空券の予約です。飛行機の予約・座席指定はインターネットが便利です。インターネットを利用した航空券の予約には、主に以下の2種類の方法があります。

航空会社のホームページから予約・購入

航空券は、ANAやJALなどの各航空会社のホームページから予約ができます。空席照会欄の出発地、到着地、出発日、搭乗クラスなどを入力して検索しますと、普通運賃の他、早期予約の割引価格などが閲覧可能です。出発時間と目的地到着時間を確認して、予定に合った便を選択して購入画面へ移りましょう。予約便の入力項目をしっかり確認した後、個人情報やカード情報を入力して購入します。

航空券予約サイトから予約・購入

もう一つの手段は、いわゆる航空券の予約・比較サイトを利用することです。こちらでは、航空券だけでなく、ツアーやレンタカー、航空券とホテルのパックなども一緒に予約することが可能になります。また、このタイプのサイトでは一般的に価格比較のサービスも提供されています。ANA、JALの他にも、スカイマーク、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチなどのローコストキャリアも含めて、一度に複数の航空会社の空席が確認できます。出発当日の空港での手続きについて航空券はeチケットという形態の電子チケットを利用することになります。eチケットでは、チケット購入後にメールや紙面として2次元バーコードが記載されたeチケットお客さま控えが届きます。これを持って、空港へ向かいましょう。空港到着後の流れとしては、eチケットを利用してのチェックイン、荷物の預け入れ、保安検査場の通過、出国審査という順で手続きが進んでいきます。

チェックイン

eチケットを空港の自動チェックイン機で読み取りますと、チェックイン機の画面に予約済みの航空券の情報が表示されます。ここで自分の航空券を確認できたらチェックインは完了となります。もし自動チェックイン機の扱いが分からない場合は、空港職員か窓口にて発券するようにしてください。混雑時などチェックインには時間がかかる場合がありますので余裕をもって空港に到着するようにしましょう

荷物の預け入れ

スーツケースなどの大型の荷物は飛行機の自分の席まで持ち込むことができませんので、飛行機の貨物として運搬してもらえるように、空港のカウンターで預け入れ手続きをします。預け入れ荷物の制限事項は二つ。『危険物の持ち込み不可』と、『重量制限』の2点です。危険物とは、可燃性のもの、刃物等定まっておりますので各航空会社のHPを確認しましょう。

保安検査場の通過

保安検査場では、手荷物として危険物が飛行機の機内に持ち込まれないかということを、空港職員によって厳しくチェックされます。搭乗者は金属探知機のゲートを通過させられ、手荷物はエックス線検査で中身があらためられます。液体類やライターなどの危険物は再検査の対象となりますので、事前に処分しておきましょう。この時パソコンはカバンの外に出しておきましょう。カバンの中にいれていると職員からパソコンを出して再検査を指示されるので、二度手間です。保安検査場通過後搭乗口ゲートと搭乗時刻を確認して、ゆっくり過ごしましょう‼!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です