ワークハック

【仕事が忙しくて掃除が出来ない!?】ハウスクリーニングLALALAから学ぶ汚部屋の悪影響とは

忙しい時はついつい部屋の掃除をサボりがちになりますよね。


疲れて家に帰ると朝食べた皿など洗い物が放置されえていたり、洗濯物が溜まっていたり「何とかしなきゃ」とは思いつつもそのまま….

そうこうしていると気づいたら”汚部屋”になっていたという方もいるでしょう。

実はこうした”汚部屋化”はただ単に部屋が汚いというだけでは済まされない問題があります。

今回の記事では、汚部屋から見るメンタルヘルスとハウスクリーニングサービスLALALAについてご紹介いたします。



1.汚部屋とは

汚部屋という言葉を聞いた方は多いと思います。読んで字のごとく”汚い部屋”を縮めた読み方です。

ただ単純に部屋の中が乱雑で汚れているというだけでなく、必需品の多さで部屋のスペースを取っている為部屋が中々片付かないという件もあれば、ゴミなどを捨てず部屋の中にずっと置きっぱなしという件もありその理由は様々です。


特に物が捨てれないという人はそのうち、部屋の中だけではなく家の敷地内や道路にまでその範囲を広げていく人もいます。こうした状態を”汚屋敷”と呼ぶ事もあります。

こうした汚部屋は2015年ごろからテレビや雑誌などで頻繁に取り上げられるようになりその言葉を耳にした人も多いでしょう。

ではこの汚部屋は何が問題なんでしょうか?

2.汚部屋が何故悪いか

部屋が汚部屋化すると大きく2つの面で悪影響を住人やその周囲の人に与えます。


◆ごみからの悪臭

汚部屋にはごみを捨てずそのままにしているケースがあります。こうしたケースではゴミが腐り悪臭の原因となるので、住人だけでなく周囲に住んでいる方にもその影響を与えます。


またゴミに虫がたかったり、菌が繁殖していた李ときわめて不衛生な環境です。


健康問題にもつながる無視できない問題です。

◆うつ病になりやすい

汚部屋で過ごすとうつ病になりやすいと言われています。

不衛生な環境に囲まれていると鬱々とした気持ちになりやすく気分も晴れないので、部屋の状態から自分の精神状態を把握する事ができます。

また既に何らかの精神疾患を抱えてしまっている方がこうした汚部屋をつくりやすいとも言われています。


・強迫性貯蔵症(ホーディング)

聞きなれない言葉ですが、欧米ではよく知られた言葉です。極端にモノを溜め込んでしまう障害のことを指します。

・ADHD(注意欠陥・多動性障害)

ADHDはじっとしていられなかったり集中力が続かないといったことを思い浮かべやすいですが、優先順位がつけにくかったり整理整頓が苦手という特徴があります。

このほかにもうつ病やセルフネグレクトなど何をするにしても無気力な状態の人がこうした汚部屋化になりやすいため、周囲の人が異常に気づくポイントになります。

これらは汚部屋という言葉でイメージされやすいものをピックアップしていますので、「そこまでの状態じゃないかな」と思う人もいるかも知れません。


しかし先ほどあったように仕事疲れなどストレスが掛かっている状態や自分の心理状況の把握にもなりますので、自分の部屋を見渡してみるといいでしょう。

3.ハウスクリーニングとは

普段から部屋を掃除はしているけど忙しすぎて当分の間部屋の掃除をする時間や気力がない人や、掃除してもどうしても落ちない汚れがある人など掃除をする時間がなかったり素人で出来る範囲外の汚れに悩んでいる方向けにハウスクリーニングが広まっています。


ハウスクリーニングは、清掃専門の業者に依頼して掃除をしてもらうサービスの事を言います。


一般的には水回り(風呂&洗面台など)、フローリング、エアコンの掃除など中々綺麗にしにくい個所を掃除するメニューになっています。


汚部屋化した部屋にはそれ専用のハウスクリーニングもしくは特殊清掃といった別サービスもしくは業者になりますが、一般的な頑固な汚れや掃除しにくい個所などでハウスクリーニングを使用する事が多いです。

また誤解されがちなのが家事代行です。

洗濯やアイロンがけ、ペットの世話など業者によっては対応可能ですが、あくまでも代行なので上記のような掃除専門のサービスではない事を理解しておく必要があります。

ハウスクリーニングか家事代行のどちらが自分にあったサービスなのかきっちりと理解して選択しましょう。

4.ハウスクリーニングのメリットとデメリット

ではハウスクリーニングのメリットデメリットを見ていきましょう。

【メリット】

◆ 掃除専門の業者なので難しい個所や頑固な汚れを任せられる

◆ エアコンなど健康問題に関わる個所をプロにやってもらえる

やはり一番のメリットは清掃専門の業者に依頼するので、普段中々出来ない難しい個所や自分でやっても落ちないような頑固な汚れも対応して貰えることでしょう。


特にエアコンなどカビや悪臭が発生しやすい個所をそのまま放置していると健康問題にもつながります。しかし専門のプロによる徹底的な作業により、菌の発生を抑える事が出来ます。


また単純に自分で掃除をしないという事で、何度やっても落ちない汚れにイライラすることもなく掃除でストレスを感じることはなくなるでしょう。

【デメリット】

◆ 料金が発生する

◆ 新規業者も多いので、どこにすればいいのか迷う

デメリットはやはり費用の面です。

ハウスクリーニング業界は新規参入が著しく、そのサービスや費用は多種多様です。中には高額な費用を請求する業者や雑な清掃サービスをする業者もいるので見極めが大事です。


他にも業者を家に入れるという事に精神的なストレスを感じる人もいるでしょう。

自分で掃除をする事で問題なく完結する場合は自分で掃除をし、年単位もしくは自分の手に余るような汚れにはハウスクリーニングを依頼するなどの使い分けが必要です。

特に汚部屋化が進みすぎた場合など一般的なハウスクリーニング業者では対応が難しい場合もあるので、注意しましょう。

5.ハウスクリーニングLALALAのサービス内容

今回は一般的な清掃はしているけどガンコな汚れやエアコン周りなど気になる箇所の清掃をしてもらいたいなという方におススメのハウスクリーニングサービスをご紹介致します。

【ハウスクリーニングLALALA】

ハウスクリーニングLALALAは東京、大阪、愛知を中心にハウスクリーニングサービスを提供しています。

現在までに1万件以上の施工実績があり、ハウスクリーニングサービスの種類も豊富です。

【ハウスクリーニングLALALAの凄いところ】


◆ 同業他社に比べてリーズナブルな価格とハイクオリティなサービス


◆ 定額制


◆ 駐車、出張費用0


◆ 引っ越し前後の空室

ハウスクリーニングLALALAは定額制を導入しています。

基本的な料金プランは同業他社と変わらない所が多いですが、同業他社がオプションで追加料金の発生するエアコンやキッチン周りについてはリーズナブルな値段で他社と同じ内容でサービスを提供しています。


また一律定額制なので1時間あたりの単価ではなく作業1件分の値段で算出されます。

支店のある東京、大阪、名古屋だけではなく他の地域への出張費用が0円というのも強みの一つと言えます。

他にも引っ越し前後の空室のハウスクリーニングのサービスを提供しています。部屋タイプによって基本金額が固定なので、個人で物件購入や売却などのタイミングで依頼する方も多いのが特徴です。

(出典・引用 ハウスクリーニングLALALA ホームページ https://lalala-clean.com/menu/move.html)


【ハウスクリーニングLALALAのイマイチなところ】

◆ 家事代行サービスを提供していない

多くのハウスクリーニングでは家事代行サービスも合わせて提供していますが、ハウスクリーニングLALALAは家事代行サービスは残念ながら提供していません。

その為、汚部屋化した部屋のクリーニングや普段の生活で溜まった家事をこなしてほしいという方の要望には合わない業者となっています。

しかしながら普段からこまめに掃除していても綺麗にならない汚れや気になる水まわり、エアコン周りなどの清掃を依頼する際には心強い業者と言えます。

節目節目にしっかり家を綺麗にして健康に過ごせる環境にしたいという方は一度下記のホームページからお見積りをしてみてはいかがでしょうか。



まとめ

汚部屋化になってしまった場合、そこから部屋を綺麗にするには多大な労力がかかります。

専門の業者を呼ばなければならない他に、賃貸物件の場合オーナーから別にペナルティが発生する可能性もあります。

自分一人では掃除する気力がなかったり、どんなに掃除しても綺麗にならないといったストレスで掃除する事を放棄する前に、ハウスクリーニングサービスを利用する事を考えるのも一つの手です。

室内が汚れていくと精神状態に影響するだけでなく菌やカビなど健康状態に悪影響を及ぼす事もありますので、日々の生活で中々手のまわない時に頼れるサービスを覚えておくといいでしょう。
今回の記事がご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です