ワークハック

【2021年度初版】買ってよかった!!在宅勤務・リモートワークを効率化するおススメな5つのグッズ~ストレスを減らし癒しを得るためのアイデアとは?~

前回の記事では、在宅勤務で陥りがちな仕事とプライベートのオン・オフの切り替えが上手く出来ずストレスを抱えがちになってしまう理由をご紹介致しました。


家というプライベートな空間に仕事を持ち込む事で、その境目が曖昧になってしまう事がその原因ですが、ストレスの一番の原因は在宅勤務という普段と違う環境の中で仕事がいつものように出来ない事による焦りや集中力の低下が挙げられます。

今回の記事では、在宅勤務でのストレスを減らすアイデアをご紹介致します。

1.在宅勤務はなぜストレスが増えるのか?

今までは職場と家と物理的に離れていることもあり頭のスイッチの切り替えも簡単でしたが、在宅勤務/リモートワークでは自宅で仕事をすることになり、オンとオフの境目も曖昧になりがちです。


こうした状況では常に何かに追われているような感覚になり、オフの時でも仕事の事を意識して十分に休息がとれず知らず知らずのうちに鬱になる方もいます。


そのため在宅勤務/リモートワークでは「オンとオフ」の切り替えを上手く行う事がとても大事になってきます。


その他にも様々な要因が挙げられます。

【生活リズムの不調】

在宅勤務を実施している企業の中では、期日内に成果が出ていればいいという所もあります。


一見、自由気ままにやれて仕事も楽だと感じてしまいますが、ここに落とし穴があります。

自由な時間に仕事をすればいいという気の緩みから、昼夜逆転の生活をしたり睡眠時間がずれ込み日々の生活リズムが乱れてしまいがちです。

こうした生活リズムの乱れは自律神経にも影響を与え、夜上手く寝れなかったり不安感をもたらすこともあります。

【運動不足】

通勤の際、多くの方は電車やバスなど歩く機会がありますが、在宅勤務になった際に一日中家の中という日も多くあります。


運動するとリラックスをもたらす副交感神経系が交感神経系より優位になり、心身共にストレスの軽減になります。


しかしその機会が在宅勤務中にないと、ストレスを溜め込みがちになりメンタルにも悪い影響を与えてしまう場合があります。

【仕事の進捗報告など】

在宅勤務中では一人で仕事をしているため、困った時など周りにすぐに聞けるという環境ではありません。

悩んだ時に何度も電話して上司や同僚に聞くと迷惑になると考え、何とか自分一人で解決しようとしがちです。


そうした状況では仕事の進捗が気になり、家で作業できる事も相成って仕事のやめ時を見失いがちです。


また逆に、日に何度も何度も進捗を確認されると追われるようなプレッシャーが心に負担を与える場合もあります。

筆者の知り合いの体験談で、1日1時間毎に毎日上司から進捗の確認がきたという話を聞きましたが、行き過ぎた進捗確認は作業効率を著しく低下させてしまいます。


その為、ツールなどを用いて、一日の決まった時間帯で進捗確認を共有するなどの工夫が必要です。


【孤独感】

在宅勤務では会社の同僚と話す事も減り、黙々と一人で仕事をしている状況が多いです。

一見誰とも話さなくてラッキーだと思う人もいますが、丸一日ほとんど誰とも話さない状況が続くと孤独感に苛まれてしまう人も多いです。


プライベートでも中々人に会えない上に仕事でも一人でいると、ネガティブな気持ちになりやすくメンタルに悪影響を与える場合があります。

これらは特に代表的な例ですが、在宅勤務はメリットもあるのは勿論の事、こうしたデメリットを正しく把握し対策していく事が重要です。

2.在宅勤務でストレスを減らすアイデア

では、在宅勤務でストレスを減らす為にはどうすればいいのでしょうか?

【仕事の時間を厳守する】

今日一日で何をしなければならないのかキチンと段取りを考える事が必要になります。

この「段取り力」は、在宅勤務が終わった後でも仕事に使えますので1日のTO DOリストを作ったり進捗管理ツールを上手く活用しましょう。


また大事な事は「残業をしない」という事です。

在宅勤務ではオンとオフの境目が曖昧です。

つい自宅に仕事が出来る環境からか朝から夜遅くまで仕事をしてしまいがちですが、毎日決められた時間内で仕事をする事を意識します。

定時に終わらせる為には、何をしなければならないのか。逆算して今日一日の作業を確認してから作業を行いましょう。

【運動をする】

在宅勤務では中々運動する機会がないのはお伝えしました。

お昼ご飯を外に買いに行くなど歩く工夫をしてみたり、朝は余裕があれば30分程散歩するのも良いでしょう。日光を浴びる事でセロトニンが心身にリラックス効果を与えてくれます。(詳しい記事はこちらから


また、もう少し激しい運動をしたい方はランニングの他にも家で出来るオンラインフィットネスに参加するのもおススメです。

自分一人では中々長続きしなくてもオンライン上で同じ時間帯で一緒に頑張っている人達がいると思うと長続きします。

【休む事に必要以上に罪悪感をもたない】

在宅勤務をしていると少し席を外すだけでも、なんだか罪悪感を感じてしまいます。


しかし会社に居た時も同僚と少し雑談したりトイレに行くなど席を外す事はありました。


ですので、必要以上に罪悪感を感じないこと。これが大事です。

ここで上げたのはほんの一例ですが、会社での就業の時と違い意識的にオンとオフの切り替えを行う事で、心と体に「今は休んでいいんだよ」と無理なく伝える事ができます

3.在宅勤務でストレスを減らすグッズ

また在宅勤務ではストレスを減らす為にグッズを活用する事も大切です。

【散らかっているデスクでストレスを感じる方に】

キングジム ブギーボード BB-12 2,970円(税込)

キングジムの「ブギーボード BB-12」は、付箋代わりに使える電子メモパッド。


TO DOリストやアイデアをメモするのにちょうどいい手のひらサイズで、メモバッドなため何度でも使用可能です。

線の太さは筆圧によって変更でき、書き心地も鉛筆のように滑らか。軽くて薄いので持ち運びにも便利です。

マグネット付きなので、磁石のくっつく場所なら貼り付け可能も使いやすい理由の一つです。

いらなくなったメモはボタン一つで消去可能で、保存したいメモならスマホで撮影する事も出来ます。

ナカバヤシ NOP-D02NV デスクオーガナイザー 1,530円(税込)

ペン立て以外に、フリースペースには付箋の収納やクリップはマグネット部分にくっつけて保管が可能なデスクオーガナイザーです。


他にも折りたたむこともできるので、どこにでも簡単に持ち運び可能の上スマホを充電しながら立てかけておける便利な機能がついています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナカバヤシ Nakabayashi デスクオーガナイザーM ori-pact ネイビー NOP-D02NV
価格:1530円(税込、送料別) (2021/2/17時点)

楽天で購入

【集中した環境が欲しい方に】

ドアモンキー 2,470円(税込)

「ドアモンキー」は、猿の尻尾のような部分がストッパーになった便利グッズ。

工具いらずで、開閉式ドアに挟むだけで簡単に取り付けられます。

子育て中の在宅勤務はWeb会議や商談中はいろいろと気の抜けない時間です。


しかし子どもがいつ乱入してくるかわかりませんし、部屋に鍵をかけてしまうとドアの向こうの状況が分からず不安になります。

ドアモンキーを会議中だけ取り付けてる事が出来るので、子育て中の方には必見のグッズです。

「カウコレ」プレミアム 折りたたみ集中ブースS収納付き 3,036円(税込)

カウネットの「折りたたみ集中スペース」は、持ち運びができる簡易なパーテーション。


専用ケースから取り出して左右に広げるだけでいいので、広いスペースが不要なうえ、視界も遮られるので集中しやすくなります。

パーテーションの内側には、A4サイズの書類を収納できる透明スリーブや付箋が貼れる掲示スペース、スマホや電卓が入る小物ポケットも付いていて、収納も万能で作業効率も上がります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「カウコレ」プレミアム 折りたたみ集中ブースS収納付き
価格:3036円(税込、送料無料) (2021/2/17時点)

楽天で購入

【運動不足の方に】

ビボラ(ヴィヴォラ) シーティングボール ルーノ シェニール 11,000円(税込)

不安定なボールに座ることで体が無意識にバランスを取ろうとし、普段使わない筋肉に刺激を与えることができます。


自然と体幹や腹筋を鍛えられて、ダイエット効果も期待できますし何より肩こり・腰痛改善にもつながります。

デザイン性も優れているので、デスクワークの椅子代わりにするのもおすすめです。

在宅勤務でストレスを溜めない為には、アイデアを実践するほかにこうしたグッズを活用する事でよりリラックス効果を高める事が出来ます。

そのほかの癒しグッズに関してはこちらの記事から

まとめ

在宅勤務は勿論の事、仕事とプライベートのオン・オフの切り替えが上手くいかないと何かに追われるようなプレッシャーを感じやすくなります。

そうした精神状態では作業効率も落ちて、更に時間や納期に追われるという悪循環に陥りやすくなります。

そうならないように、アイデアやグッズを活用し仕事中に最大限のパフォーマンスを発揮する環境づくりが必要です。

そういった環境づくりは結局、プライベートに仕事のストレスを残さない事にも繋がります。

今回の記事がご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です