ワークハック

【ささやかでも快適な環境にしよう!!】在宅勤務でもサボらず効率よく作業するコツとは?~便利グッズ7選~

新生活が始まりました。色々と慌ただしく進んでいく中で、気になるのが「在宅勤務」の今後です。


コロナウィルスの脅威は依然として残っており、徐々に規制が緩くなっているといってもまたいつ拡大するか分からない状況です。


特に仕事ではオフィス勤務が当たり前でしたが、コロナウィルスの影響で在宅勤務(以後リモートワークと表記します。)が推奨され現在でも週の何日かは在宅勤務を実施している企業もあります。


そのため働き方が大きく変わり家で仕事をするという価値観が今や当たり前になってきました。


しかし、新社会人の方やリモートワークに向けて何をしたらいいのか分からない方にとっては悩みの種になっています。


特に作業環境の整備や仕事とプライベートの境をどうするかなど作業効率の面だけでなく、仕事との付き合い方をよく考えなければいけません。


今回の記事ではもう一度リモートワークについて見直ししてこれから環境を整える方などにリモートワークのコツをご紹介致します。

1.リモートワークのメリット

リモートワークのメリットとしては以下が挙げられます。


◆ 通勤時間の減少
◆ 自分で生産性を上げる工夫がとりやすい
◆ 育児などの制限のある人でも働きやすい

【通勤時間の減少】

リモートワークは、職場に通勤する必要がないので毎朝の通勤時間がなくなり満員電車などのストレス要因の改善につながります。


【自分で生産性を上げる工夫がとりやすい】

スケジュール調整、ツールなど自分に合った工夫を行いやすく効率性を上げるパフォーマンスについて自分で色々と試せます。


また、会社の飲み会など余計な時間を取られる事がないので自分のペースで作業しやすい利点があります。


【育児などの制限のある人でも働きやすい】

育児や介護などフルワークで働きにくい人でも、それぞれのライフスタイルにあったペースで仕事をすることもでき、家事と仕事の両立が可能になります。

このようにリモートワーク化のメリットとして無駄な時間を削減し自分の時間を確保したり、自分にあったスタイルで仕事が出来るという点になります。

2. リモートワークのデメリット

一方でリモートワークのデメリットを3つ挙げます。


◆ 困った時の相談が大変
◆ 計画性がないと却って作業効率が下がる
◆ ネット環境の整備が必須

【困った時の相談が大変】

仕事を進めていく中で、判断に困る時や仕事の進め方で相談する時にチャットツールや電話で毎回確認する手間が発生します。


相手がこちらの連絡に気づかない場合はその間は作業が進まない等、作業の効率が悪くなります。


【計画性がないと却って作業効率が下がる】


職場とちがって周りには同僚や上司もいないので、休憩時間を取り過ぎたり、ダラダラ作業して仕事が進んでいないなど気が緩みやすくなります。


【ネット環境の整備が必須】

職場ではwifi等のネット環境は整備されており。特にストレスなくデータのアップデートやシェアを行う事が出来ましたが、家のネット環境によっては中々処理されないなど仕事の効率が下がる事もあります。

ネット環境の記事はこちらから

3. 何故、リモートワーク化に対応した方がいいのか?

リモートワークを意識して自分の部屋の構成を考えている方は、以前はフリーランスやIT業界など一部の方くらいだったでしょう。


インターネット検索や動画視聴やゲームなど趣味で使うためネット環境自体は問題はなかったのですが、リモートワークとなると扱うデータ量が飛躍的に増えてしまい、ポケットwifiやデザリング機能でネット環境を構築していた人は仕事になりませんでした。

また、自室の為に周りには誘惑する物が多く集中力の維持が困難という作業効率に悪影響を及ぼすこともあり、今後増えてくるリモートワーク化を前に準備が整っていないという状況です。


そのためストレスなく仕事を進める為には、家の中で作業する環境を整る事が急務になります。

4.リモートワーク化に対応する為のコツ

ではリモートワークに対応する為にはどうすればいいのでしょうか。

【仕事の時間を厳守する】

今日一日で何をしなければならないのかキチンと段取りを考える事が必要になります。

この「段取り力」は、在宅勤務が終わった後でも仕事に使えますので1日のTO DOリストを作ったり進捗管理ツールを上手く活用しましょう。


また大事な事は「残業をしない」という事です。

在宅勤務ではオンとオフの境目が曖昧です。
つい自宅に仕事が出来る環境からか朝から夜遅くまで仕事をしてしまいがちですが、毎日決められた時間内で仕事をする事を意識します。


定時に終わらせる為には、何をしなければならないのか。逆算して今日一日の作業を確認してから作業を行いましょう。

【運動をする】

在宅勤務では中々運動する機会がありません。

お昼ご飯を外に買いに行くなど歩く工夫をしてみたり、朝は余裕があれば30分程散歩するのも良いでしょう。日光を浴びる事でセロトニンが心身にリラックス効果を与えてくれます。(詳しい記事はこちらから


また、もう少し激しい運動をしたい方はランニングの他にも家で出来るオンラインフィットネスに参加するのもおススメです。

自分一人では中々長続きしなくてもオンライン上で同じ時間帯で一緒に頑張っている人達がいると思うと長続きします。


【休む事に必要以上に罪悪感をもたない】

在宅勤務をしていると少し席を外すだけでも、なんだか罪悪感を感じてしまいます。


しかし会社に居た時も同僚と少し雑談したりトイレに行くなど席を外す事はありました。

ですので、必要以上に罪悪感を感じないこと。
これが大事です。

ここで上げたのはほんの一例ですが、会社での就業の時と違い意識的にオンとオフの切り替えを行う事で、心と体に「今は休んでいいんだよ」と無理なく伝える事ができます。

5.リモートワーク化におススメなグッズ

ではリモートワーク化にあたり何を準備しなければならないのでしょうか?

【家具】

リモートワーク用に家具を用意すると部屋のスペースが取れないという事が多々あります。

特に家に仕事の作業環境がない方やリモートワークはあるけども毎日というわけでもないという方にとって、部屋を圧迫する家具の存在は気が滅入ります。


そんな時は、折り畳み式のものやスペースをとらない収納グッズがお勧めです。

◆机


◆収納BOX

◆パーテーション

【机周り】

自宅のリモートワーク化に伴いデジタルメモ超を導入するのもいいでしょう。

重要なメモを部屋の中で紛失してしまうリスクもなく、その場のアイデアを書き出すなど従来のメモのように使えるものを選ぶとストレスなく作業が出来ます。


他にも様々なデバイスを使うので充電をまとめてなど出来るだけコンパクトにするグッズがお勧めです。


◆デジタルメモ帳


◆マルチトレイ

【ドキュメント入れ】

机で見る以外にドキュメントを持ち運びたい場合はファイル入れを用意しましょう。ファイルに入れたまま見やすいものや、そのまま壁に貼り付け可能なタイプがあるので用途にあったファイルを選んでみてはいかかでしょうか。

◆ファイル


◆ポーチ

 

このほかにも様々なリモートワークに必要なグッズをご紹介していますので、ご興味のある方はこちらから

まとめ

新生活が始まると同時にリモートワークの準備が必要になったという方や新社会人の方は何をしていいのか迷ってしまいます。


家でのリモートワーク化の最大の目的は、作業効率を上げる事と仕事とプライベートを分けることにあります。

なんとなく家で作業していると作業効率は落ちるだけでなく、仕事とプライベートの境目があやふやになり常に何かしていないと落ち着かなくなる人もいます。


そうならない為にはメリハリをつける必要があります。自宅のリモートワーク化はその手助けをしてくれるのです。

今回の記事がご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です