ワークハック

【世界初のフルワイヤレス!!】音漏れしない?BoCo製骨伝導イヤホン「PEACE TW-1」でランニングやテレワークに最適!!

音楽を聴く事は。私達の生活にとって当たり前の習慣となっています。

通勤途中であったり、ランニングをする時だったり、家で寛いでいる以外にも様々なシーンで私達は音楽を聴いています。

しかし外で音楽を聴いていると電車の案内や車の音が、家ではインターホンや洗濯機などの音が聞こえないなどの問題があります。

また長時間音楽をイヤホンで聞き続けると耳にも良くなく難聴の原因にもなったりします。

では快適に外出先や家で音楽を楽しむ為にはどうすればいいのでしょうか?

骨伝導イヤホン「PEACE TW-1」は、耳ではなく骨伝導によりダイレクトに音を届ける世界初の完全ワイヤレスイヤホンです。

今回の記事では、骨伝導イヤホン「PEACE TW-1」を通してより快適な日常生活を送るヒントをご紹介致します。



1.骨伝導イヤホンとは

そもそも骨伝導とは一体どんなものなのでしょうか。

通常私たちは音を置くときは、外耳・中耳・内耳という3ステップを経て脳に届き音を聞いています。

【外耳】
外耳は、音を拾い中耳へ伝える働きをします。

【中耳】
中耳は空気の振動を変換し、内耳のリンパ液に伝えます。

【内耳】
脳で音として認識できるように、音声信号に変換しています。

一方で「骨伝導」とは、内耳に骨を通して直接振動を送り、脳に音を届ける事を言います。

つまり骨伝導イヤホンとは、骨を使った振動で音を聞くイヤホンの事です。

ではこの骨伝導イヤホンが増えてきた背景は一体何なのでしょうか?

それは”老人性難聴”が若い世代でも増えつつあるからです。

老人性難聴とはその名の通り加齢によって脳や耳が障害をきたし、会話などが聞き取りにくくなる状態です。

本来であれば若い世代は滅多な事ではならないこの老人性難聴が増えてきた背景としては、大音量でイヤホンを付けながら長時間音楽を聴く習慣によって耳はストレスを受け内耳に障害を負ってしまうケースが多いのです。


厚生労働省のホームページでは、その予防として3つ例を挙げています。


・音量を下げたり、連続して聞かずに休憩を挟んだりする

・使用を1日1時間未満に制限する

・周囲の騒音を低減する「ノイズキャンセリング機能」のついたヘッドホン・イヤホンを選ぶ

(出典・引用 厚生労働省 e-ヘルスネット https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/sensory-organ/s-002.html

では、骨伝導イヤホンは老人性難聴を防ぐことが出来るのかというとそうではありません。

骨伝導イヤホンであっても、最終的には内耳で音を聞く事になるからです。

それでも何故骨伝導イヤホンが支持されているかというと、周りの音に影響されにくいので大きな音量で聞かなくていいという点が挙げられます。

その為ノイズキャンセリング機能のついたイヤホンと同じように、耳に負担を掛けにくい事で支持されているのです。


また骨伝導イヤホンの特徴として耳穴を塞がないため、周りの音が明瞭に聞こえます

骨伝導イヤホンはこめかみあたりから振動させて音を出すので、音が伝わりやすいのです。

2.骨伝導イヤホン「PEACE TW-1」の特徴

ではそのような特徴のある骨伝導イヤホンですが、今回ピックアップした「PEACE TW-1」は何が良いのでしょうか?

【世界初の完全ワイヤレス化】

骨伝導イヤホン「PEACE TW-1」の最大の特徴として、世界初のワイヤレス骨伝導イヤホンだということです。従来の骨伝導イヤホンは、”左右一体型”などが主流でした。

しかし骨伝導イヤホン「PEACE TW-1」はワイヤレスイヤホンと同じように使える他、ワイヤレスイヤホンの課題でもあった「落下防止」を考慮した斬新なデザインで抜群のフィット感があります。

【ながら聴き作業が可能】

音楽を聴く際に耳穴を防ぐことが無くなったため、幅広いシーンで活躍できます。


通勤途中では電車の案内を聞き逃す事がなく、在宅勤務中もインターホンの音や家族からの呼びかけに反応ができます。


またランニング中などアクティビティにも活用できます。汗をかいても蒸れない快適な着け心地と周囲の音を瞬時に判断する事が出来るので従来のイヤホンに比べ安心してアクティビティを楽しめます。


【IPX7等級の防水設計】

防水規格としては最高レベルの*IPX7の防水設の為、急な雨や汗でも大丈夫です。

*IPX7・・一時的に一定水深の条件に水没しても内部に浸水しない。防侵型。

【ハンズフリー対応】

高感度マイクを搭載しておりスマートフォンに掛かってきた電話もボタン一つで対応が可能です。

【約12時間の連続稼働】

本体稼働時間は約5時間でクレードルを併用する事で約12時間の再生時間が可能です。


このように骨伝導イヤホン「PEACE TW-1」は従来の骨伝導イヤホンにはない機能とワイヤレスイヤホンの良いとこどりをした画期的なイヤホンになります。

(出典・引用 BoCo公式youtubeより)

3.骨伝導イヤホン「PEACE TW-1」の料金・サービス内容

では骨伝導イヤホン「PEACE TW-1」の料金とサービス内容について見ていきましょう。

骨伝導イヤホン「PEACE TW-1」 本体価格:19,800円

一般的なワイヤレスイヤホンの相場の割合が5000円未満か約20,000円未満のどちらかになっています。

これは購入者のニーズが安価でお手頃なスペックの製品とハイスペックな機能の製品の2択に分かれているからです。


(出典・引用 みんなのライフハック@DIME

https://dime.jp/genre/618233/#:~:text=%E6%9C%89%E7%B7%9A%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%81%AF%E3%80%8C3%2C000%E5%86%86%2C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E3%80%82


その点、骨伝導イヤホン「PEACE TW-1」はハイスペックな製品で相場通りの価格です。

普段あまりワイヤレスイヤホンを使うシーンがない方より、仕事や家事、アクティビティなど幅広いシーンで使う方におススメと言えます。

【購入前の質問や試聴などで問合せしたい場合】

お客様相談窓口までご連絡ください。 ナビダイヤル:0570-099330(10時~17時 土・日・祝日・弊社休業日を除く) FAX:03-6225-2069 mail:support@boco.co.jp


【初期不良や故障時、修理など問合せしたい場合】

電話:03-6225-2099(10時~17時 土・日・祝日・弊社休業日を除く) FAX:03-6225-2069 mail:support@boco.co.jp

【公式サイトはこちらから】



まとめ

仕事中や家事、ランニングなど様々なシーンで私達は音楽を聴く事で集中力を高めたりモチベーションアップを図ります。

しかし長期間のイヤホン使用は耳に負荷をかけ続ける他、周囲の音が聞こえないなど危険に気づきにくい事もあります。

そうしたなか、骨伝導イヤホンはイヤホンの課題であった点をクリアにしてより快適な音楽ライフをもたらしてくれます。

ただし骨伝導イヤホンであっても、長期間の使用は耳に負担があるのでご注意を。


今回の記事がご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です