ワークハック

【リーダー必須?】オンラインサービスCoachEd(コーチェット)から学ぶ”コーチング”のメリットとデメリット

仕事でチームメンバーや部下のマネジメントが上手くいかず、生産性が上がらず離職率も多いリーダー層の方はいませんか?

自身の仕事を抱えながらチームや部下のマネジメントをしていると、ついついマクロマネジメントをしたり余裕がなくて放任主義になってしまいます。

「もっと自分で考えて行動してもらいたい。」「メンバーの強みや可能性をもっと発揮させたい。」「リーダーとして信頼されていない。」などリーダーの悩みは尽きません。

こうした課題をどうにかしたいけどと思っても何をしていいか分からないと悩んでいる方は【コーチング】を試してみると解決の糸口になるかもしれません。

しかしコーチングと調べると様々な口コミをみると中には「怪しい」や「意味がない」といった記事もよく見かけます。

私達に馴染みのないコーチングは果たして本当に効果がないのでしょうか?

今回の記事ではリーダー向けのコーチングプログラムCoachEd(コーチェット)からコーチングのメリットとデメリットをご紹介していきます。



1.コーチングとは


コーチング(coaching)とは元々アメリカで広まった人材開発の技法の一つで、対話によって相手の自己実現や目的達成を図る技法になります。


コーチングの概念はトマス・レナード氏が第一人者として広く世に知られるようになりました。


レナード氏曰くコーチングとは


「最も欲しい結果(=ゴール)を明確にし、自分一人では到底だせないスピードで、ゴールに向かう事を助ける事」と定義しています。


つまり、【目的を最速かつ確実に実現する】ためのツールとしてコーチングがあるのです。


何故ならコーチングは、依頼者一人だけでは出来ない


◆ 目標達成や問題解決

◆ 問題や課題、解決策を見い出す

◆ 明確なゴール設定や行動計画

の他に自発性やモチベーションを引き出す事で目的を達成するからです。

またコーチングと似たような概念で「ティーチング」「コンサルティング」というものもあります。

この3つの言葉の違いを簡単にまとめると下記のようになります。

コーチングはコーチとクライアントのと間で理解と共感を深めていく事で、元々クライアントが持っている「必要な答え」や「リソース」を最大限発揮する事を目指します。


つまり自分の中にあるのに自分では気づいていない部分などを「適切な質問」によってクライアント自身で気づかせる手法がコーチングなのです。

そのため現状の確認と課題、目指すべき目標とそこまでの進捗計画など行動をクライアント自身が自ら気づく事が出来るのです。


こうしたコーチングはアメリカ国内ではメジャーなツールとして認識されており、日本でも経営者を始め、マネジメント層等にも広がっています。


2.コーチングのメリット

では実際にコーチングを学び仕事で活かすとどんなメリットがあるのでしょうか?

◆現在地を明確にする

コーチングを学ぶ事で、メンバーや部下(クライアント)の現在地を明確にすることが出来ます。

適切なコーチングを行う事で、「オートクライン効果」をクライアント自身に発生させる事が出来ます。

「オートクライン」とは生物学用語で「物質を分泌した細胞自身に作用する」ことを表し、コーチングはここから「話す事で自身が考えた事に気づく」という意味に変化しています。

その為、クライアント自身が長い間一人で悩んでいるよりもコーチングを実施する事で短期間のうちにクライアント自身の理解が深まります。

◆目標までのプロセスがわかる

コーチングを行う事で、目標までの細かな行動が細分化されアクションしやすくするというメリットがあります。

目標を立てた時は漠然と【○○を達成!!】と掲げがちになりますが、何をしていいか分からずそのまま計画倒れになる人も多いです。

こうした問題に対してコーチングはすぐにアクションに移りやすい現実的なレベルまで行動を細分化していきます。

例えば、【ダイエットで10Kg痩せる!!】という大きな目標に対して、一日30分のウォーキングを毎日やるなど今出来る事を理解させ行動を促すように仕向けるといった具合です。

大きな目標に対しては何をどうすればいいのか分からなくて途方に困っていても、こうしてクライアント自身に行動を細分化させ実行可能レベルまで考え行動させることが出来ます。

◆目標達成のモチベーションアップ

コーチングを繰り返し行う事で、目標達成への最短のプロセスをクライアント自身に学ばせ実際に目標達成のために行動をサポートします。

行動していく途中でクライアント自身が自身の強みを理解する事で、目標達成のスピードがあがるだけでなく人間的な成長を促すことが出来ます。

仮に目標達成が出来なかった場合も、評価をせず次の行動を促します。

これはクライアントにとっては肯定も否定もするではなくありのままの自身を受け入れてくれる存在がいることでクライアントは安心して行動を行う事が出来るからです。

そのような存在が近くにいるので「なぜ目標達成が出来なかったんだろう?何が妨げになったんだろう?」とクライアント自身が学ぶきっかけにもなります。

3.コーチングのデメリット

一方でコーチングのデメリットはどのようなものなのでしょうか?

◆費用が高い

コーチングスキルをスクールで身に付けようとすると、約50万円から~100万円と非常に高額な投資になります。

その為、本当に自分にとって必要なのかどうかをしっかりと調べておくことが大切です。

またいきなりスクールに参加するより、オンラインで無料体験レクチャーなど実際のコーチングに触れてみる事で理想と現実のギャップを埋めていく事が大切です。

◆過剰なサポートで依存関係を生み出す

コーチングを実施していくとついついクライアント側をサポートしようと過剰になってしまうことがあります。

しかしコーチングは、相手が主体的に考え行動する支援を行うものです。

相手をサポートしようとあれこれ助言していくと、相手はコーチング側がいないと何も出来ない状態に陥りやすくなります。

その為、中立的な立場でサポートする事が大切です。

◆テクニックに走ると本来の効果が発揮されない

コーチングを学んでいくとついついスキルに目が行きがちですが、コーチングはテクニックで成り立っているものではありません。

・自己基盤(自分自身の基盤を整える)がないと余裕がなく自分や相手の可能性を信じられないため、無意識に出来ない方向に誘導してしまう。

・コーチングするマインドがないと、一方的に自分の考えを相手に押しつけてしまう。

・信頼関係を構築しないと、本音で話すことができない。

などコーチングを機能させるための重要な要素がいくつもあります。

そのため、スキルさえ身に付けたらいいと考えているとせっかく学んだコーチングスキルも効果の薄いものになってしまうことがあります。

4.コーチングプログラムCoachEd(コーチェット)のサービスとは

では実際にコーチングを学びたいもしくはスクールに通う前に一度どんなものか体験したい場合はどのスクールを選べばいいのでしょうか?

ビジネスパーソンとしてのコーチングを学びたい方はCoachEd(コーチェット)がおススメです。

CoachEdの特徴としてはトレーナーとコーチ2人体勢で3か月という期間で個人に合った内容でコーチングを学ぶことが出来ます。

週に1回60分から80分のコーチングを受講し、それを実行していく事でコーチングについての理解を深めます。

コーチングスクールを受講するとなると一般的な資格に比べて高い投資をしなければなりませんが、CoachEdの場合は無料のプレコーチングを体験する事ができます。

返金保証も完備しており、途中で退会する場合は今までの利用回数から按分した費用が引かれて返金されます。

一般的なコース以外にも経営層向けのエグゼクティブコーチングも無料で体験する事が出来るので、「コーチングを活かし人を育てるビジネスリーダー」を目指す事ができます。

ただし注意点としては、一般的にコーチングスクールは【コーチングのプロ】になるための資格習得を目標としていますが、CoachEdは「人を生かし育てるリーダー」になるためのコースになります。

そのため、コーチング資格を習得されたい方には不向きなサービスになることにご注意下さい

「コーチングって実際どんな風にするんだろう?」「今後チームをもっと成長させたい」といった方は一度無料のプレコーチングに参加されてみると新しい気づきを得る事が出来ます。

公式ホームページは下記から飛ぶ事が出来ますので、一度体験されてみてはいかがでしょうか。



まとめ

コーチングというと何だか怪しかったり胡散臭いなという意見がありますが、あくまでも相手側に主体的に行動してもらう支援をするものです。

相手側も主体的に行動していく中で、自分の強みを再発見できたり、計画から行動すスピードも上がる事で結果的にチームの生産性をあげる一つのきっかけになります。

何より自身や相手の成長につながる事にもなるので、人間的な成長につながります。

もし今、リーダーになって困ったという方や将来のリーダーなりたいと思っている方はコーチングを学ぶといいでしょう。

今回の記事がご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です